アクセスバーズ、どんな感じ?

HIDEMIサロンへようこそ。

運営者 佑帆です。

アクセスバーズってどんな感じですか?って聞かれたとき、

人に手伝ってもらう「瞑想」とお答えすることがあります。

お寺で、座禅を組みながら行う瞑想。良いですよね~。キリリとした空気の中で、無の境地に至る・・・。憧れます。しかしながら、そんな時に限ってお腹がグーッと鳴ってしまいそう。それよりも足がしびれて立てないかも!後ろを回ってくるご住職様も気になる!いろいろ雑念だらけでなかなか出来ない気がします。

座禅に限らず、深い瞑想に入ると、シータ波(θ波)というのが脳波に現れて、潜在意識に働きかけるそうなんですね。これは深く瞑想しているか、まどろんでいる状態ですが、シータ波が出ている時には海馬が活性化されるといいます。海馬とは脳の中でも記憶を司る部位です。つまり、シータ波が出ていると人間の記憶力は向上していると考えられています!加えて、ひらめき・洞察力・集中力も増加しているそうです。

また、シータ波は覚醒時では、なにかに没頭していたり、新たなことに興味を持ったり、高揚感を味わったりしているときなどに出ています。また、お風呂に入っているときにもシータ波が活発に発生しているそうです!

θ波(シータ波)ってすごいんですね!

脳波には主に4種類が知られていて、

β波(ベータ波) 日常生活・緊張・不安。

α波(アルファ波) リラックス。

θ波(シータ波) 潜在意識・深い瞑想状態。

δ波(デルタ波) 睡眠状態。

となっています。

そして脳神経科学者がアクセスバーズをした時の脳波を計測したところ、アクセスバーズをすると、脳波にシータ波が現れるそうなのです。下の画像はその脳機能マップの画像だそうです。

出典:脳神経学者ジェフリーLファニン博士によるアクセスバーズのレビュー

Review of Access Bars® by Neuroscientist Dr. Jeffrey L. Fannin

脳機能マップバーズ前
脳機能マップ(アクセスバーズ前)

脳機能マップバーズ後
脳機能マップ(アクセスバーズ後)

電極(位置)別、周波数別の脳波の強弱をカラーマップにして表したものです。青は脳の活性が弱く、赤は脳の活性が強い事を表しています。

特に下段の部分では、アクティブな赤い部分がなくなって見事に青く変化していますね。

1回の90分のバーズ セッションで50%の結果を出し、変化の平均値は85%だそうです。

目に見えない脳の働きですが、本当に不思議なことです。

一人ではなかなかできない瞑想の状態にいざなうことが出来るアクセスバーズ、

HIDEMIサロンの「静寂。平穏さ。無の自分に帰る場所。でも一人ではない。」のメッセージはここから来ています。

ゆったりと頭を休めに来てください。

アクセスバーズ、どんな感じ?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です