レンタル何もしない人

HIDEMIサロンへようこそ。

運営者・佑帆です。

少し前ですが、メディアで「何もしない自分」を貸し出す人が話題になってました。ご存知の方もいらっしゃるでしょうか?

「何もしない自分を提供します」が需要がある時代になったんですね。これもSNSが発展して、ちょっとしたアイデアが形として提供できるようになった時代も関係があると思います。

記事ではライターさんが、レンタルさんのことを、

「レンタルさんは、さまざまな依頼人の心のスキマに寄り添うが、なにか特別なスキルで依頼者を癒やすわけでも、的確なアドバイスを繰りだすわけでもない。本当にただそこにいるだけ。極端な話、空気のような存在なのだ。」

「レンタルさんは、どんな解釈でも依頼者にとっての正解なのであればそれでいい、と飄々としている。」

と書いています。

「必然的に彼らが求める解釈として提供されるだけなので、正直、肩書はなんでもいいんです。依頼者が必要だと思ってくれる存在でいられればどんな形でもうれしい」というレンタルさん。

自然体のレンタルさんに対して、「レンタルさんの生き方は」というほど大上段に構える必要もないのかもしれないですが、仕事に関して、お金に関して、いかに私たちが思い込み、制限、決めていることに囚われてるか、を教えてくれますね!

彼の場合、「自分は何もしないのが一番向いていた」それに気づき、そこに面白さを見出したことが、今につながっているようです。

私は難聴ですが、かっては、聞こえにくい自分が嫌で、聞こえないことを言い訳に、自分自身にたくさんの思い込み、制限、決めつけを行ってきました。

このようにサロンでひとりひとりに向き合うお仕事をさせていただくとは想像もしておりませんでした。アクセスバーズに出会い、アクセスバーズを他の方にもしてあげたい!このアクセスバーズの素晴らしさを伝えていきたい!と思った時、私の「聞こえない」はハンディでなくなりました。

聞こえにくいが故に知っている「静かさ」は、私にはかけがえのないものに変わり、時には、聞こえないが故に「敢えて聞かない」ということも実は大切なことだったのだと知ったのです。

一切の雑念に振り回されない静かさをアクセスバーズとともに提供出来ればと思っています。

そんなわけで、私の場合、さしづめ、「レンタル何も聞かない人」でしょうか?

でもおしゃべりは大好きです❣️

HIDEMIサロンでは、一人ひとりのお客様に対して、いかに決めつけずに寄り添っていけるか、アクセスバーズを通して、追求していきたいと思います。

何もしないを職業にした35歳男の豊かな人生「レンタル何もしない人が親しまれる理由」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です