レンタル何もしない人

HIDEMIサロンへようこそ。

運営者・佑帆です。

少し前ですが、メディアで「何もしない自分」を貸し出す人が話題になってました。ご存知の方もいらっしゃるでしょうか?

「何もしない自分を提供します」が需要がある時代になったんですね。これもSNSが発展して、ちょっとしたアイデアが形として提供できるようになった時代も関係があると思います。

記事ではライターさんが、レンタルさんのことを、

「レンタルさんは、さまざまな依頼人の心のスキマに寄り添うが、なにか特別なスキルで依頼者を癒やすわけでも、的確なアドバイスを繰りだすわけでもない。本当にただそこにいるだけ。極端な話、空気のような存在なのだ。」

「レンタルさんは、どんな解釈でも依頼者にとっての正解なのであればそれでいい、と飄々としている。」

と書いています。

「必然的に彼らが求める解釈として提供されるだけなので、正直、肩書はなんでもいいんです。依頼者が必要だと思ってくれる存在でいられればどんな形でもうれしい」というレンタルさん。

自然体のレンタルさんに対して、「レンタルさんの生き方は」というほど大上段に構える必要もないのかもしれないですが、仕事に関して、お金に関して、いかに私たちが思い込み、制限、決めていることに囚われてるか、を教えてくれますね!

彼の場合、「自分は何もしないのが一番向いていた」それに気づき、そこに面白さを見出したことが、今につながっているようです。

私は難聴ですが、かっては、聞こえにくい自分が嫌で、聞こえないことを言い訳に、自分自身にたくさんの思い込み、制限、決めつけを行ってきました。

このようにサロンでひとりひとりに向き合うお仕事をさせていただくとは想像もしておりませんでした。アクセスバーズに出会い、アクセスバーズを他の方にもしてあげたい!このアクセスバーズの素晴らしさを伝えていきたい!と思った時、私の「聞こえない」はハンディでなくなりました。

聞こえにくいが故に知っている「静かさ」は、私にはかけがえのないものに変わり、時には、聞こえないが故に「敢えて聞かない」ということも実は大切なことだったのだと知ったのです。

一切の雑念に振り回されない静かさをアクセスバーズとともに提供出来ればと思っています。

そんなわけで、私の場合、さしづめ、「レンタル何も聞かない人」でしょうか?

でもおしゃべりは大好きです❣️

HIDEMIサロンでは、一人ひとりのお客様に対して、いかに決めつけずに寄り添っていけるか、アクセスバーズを通して、追求していきたいと思います。

何もしないを職業にした35歳男の豊かな人生「レンタル何もしない人が親しまれる理由」

 

「聡明」という生き方

HIDEMIサロンへようこそ。

運営者・佑帆です。

「聡明さ」ということについて書いたプログで共感できるところが多々ありましたので、紹介します。

キナリノ;柔らかい物腰と芯の強さ。自然体な女性に似合う「聡明」という生き方

「聡明」って、ただの頭の賢さだけではなく、心のしなやかさだったり、本質を見極めることができる賢さだったり、情感の豊かさだったり、思慮深さだったり、器の大きさだったり、表情の柔らかさだったり、人間性の豊かさ・温かみを感じさせてくれる言葉です。たとえ幾つになってもそういう人間になりたい、と思います。

今回紹介させていただくブログには、いくつかアクセス・コンシャスネスの生き方に共通する部分がありました。そして、それを読み、「聡明な生き方」というのは、年齢に関係なく、幾つになっても目指せるものではないか?と思いました。聡明さとは、すでにその人に備わっている「特質」ではなく、自然体な生き方そのものを指すのだと思います。

 

いくつかのトレーニング(キーワード)が提示されています。そのなかでも、「自分が見たい景色が、目の前に現れる」と言う言葉が印象に残りました。

少し引用しますね。

聡明な人は、目の前に起きていることに常に自分が関与していることを知っています。そして、「良い」と思うことも「悪い」と思うことも、全ては心のどこかで自分が願い、無意識に選択したことだというのを知っています。(※この「自分」とは今の自分だけでなく、過去や生まれる前の自分ずっとずっと昔の潜在意識も含みます)

それを意識することが聡明な生き方なのだと書かれています。

アクセス・コンシャスネスにとっても、

・「現実」の中の思い込み、制限、思考の癖、自動操縦のような行動パターン、がんじがらめになっているもの・・それらから自由になっていくこと。

・今創り出している現実は、自分の思いたい・見たいポイント・オブ・ビュー(ものの見方)に過ぎないことに気付くこと。

・そして、瞬間・瞬間を気づきと選択と共に生きること。

が大切になっていきます。アクセスバーズで、まず、第一歩を始めることが可能です。

↓すこし抜粋しました。ひとつひとつはわかりやすく共感できることばかりです。私も実践していきたいと思います!

・自分が見たい景色が、目の前に現れる

・自分のことを愛する

・子どものころを思い出してみる

・自然に身をゆだねて心の声を聞く

・新しいを恐れない
聡明な生き方
自然体な女性に似合う「聡明」な生き方

柔らかい物腰と芯の強さ。自然体な女性に似合う「聡明」という生き方

 

HIDEMIサロンとおんだ薬局さま

HIDEMIサロンへようこそ。

運営者・佑帆です。

HIDEMIサロンは、今まで場所をHPには掲載しておりませんでしたが、板橋区大山の川越街道日大病院交差点そばのおんだ薬局の中にあります。

おんだ薬局様のご厚意で、サロンの場所を提供していただき運営しております。そのため、HIDEMIサロンへお越しいただくときは、まずおんだ薬局の受付にきていただくことになります。

サロンと薬局の組み合わせに驚かれる方もいらっしゃるかもしれませんね!でも奥に入ると静かな空間が広がっていますのでご安心くださいね!

おんだ薬局様には薬剤師の方と栄養士の方がいらっしゃいます。そばで見ておりますと、小回りが効くといいますか、とにかくアットホームな薬局です。患者様と距離が近く、親身で、なんでも相談できて、世間話もできて、栄養士さんがいらっしゃるので、栄養やレシピについても詳しく教えてもらえますし、優しさあふれる薬局なんです!私も時には、薬局に訪れている患者さまとお話ししたり、急遽バーズをさせてもらったりしています。

薬局とは、お医者様と患者様をつなぐ大切なお仕事。お医者様に聞きにくいことを薬剤師さんが聞いてくださったりしますよね。病気の愚痴もこぼしたくなるときもありますよね。病気の心配や不安をまるごとうけとめてくれる存在、そんな薬局が、おんだ薬局です。

おんだ薬局様は、地元の方の健康管理の貢献となりたいと日々努力をされています。その薬局の中にHIDEMIサロンがあることで、患者様に心や思考を健やかに保っていただいて、毎日が生き生きと楽しく暮らせるように、心の健康のお助けマンとして提供できたらいいなと思っております。

「病は気から!」とよく言いますよね。もちろんそれだけではないというのは百も承知の上で、それでも、、、という部分があるとしたら、アクセスバーズはそこに貢献できるのではないかと思っております。

ちょっと前の10月10日のことですが、おんだ薬局で健康フェアが開催されました。その時にはアクセスバーズの体験コーナーを設けていただき、私も一日参加させていただきました。結果、14名の方にアクセスバーズを楽しんでいただきました!またこのような機会がありましたら、私もバーズを提供して気軽に楽しんでいただきたいと思っています。

おんだ薬局健康フェア
おんだ薬局で健康フェアが開催されました。
健康フェアスタッフ
アクセスバーズで心も健康に!
おんだ薬局様スタッフ
優しいお二人が薬局の受付にいます。
お薬相談
サロンにいらしたら、薬局受付にお申し出ください。奥のサロンにご案内いたします。

おんだ薬局リーフレット

 

タビカにアクセスバーズ体験を提供しています。

HIDEMIサロンへようこそ。

運営者・佑帆です。

みんなの好きをもっと体験しよう!と様々な方が体験を一緒にシェアするサイトがあります。本当にいろいろなホストさんが様々な面白そうなイベントを行っています。

そのTABICA(タビカhttps://tabica.jp/)にアクセスバーズ体験の提供を始めました。

TABICAの主旨に基づいて、お友達の家にお邪魔するような、そんな気分で体験できるように、タビカ専用のオリジナルイベントを設定しております。通常メニューと異なり、お友達、ご夫婦、親子で…と気軽な感じでご体験いただけます。アクセスバーズのみの体験でタロット等はつきません。タビカからの提供契約条件に基づき、このイベントはタビカのサイトからのみの提供・予約受付となっております。

イベント内容・予約はこちらから(簡単なメンバー登録が必要です。返金保証があります。)

https://tabica.jp/users/17373

☆TABICA登録はこちらから・・・・招待クーポン(TABICAに登録すると、体験に使える1,000円OFFのクーポンが贈られます)

https://tabica.jp/users/55823/coupon

 

アクセスバーズの公式サイトにプロフィールを載せました。

HIDEMIサロンへようこそ。

運営者・佑帆です。

寒くなってきましたね!アクセスバーズのセッション中は、頭を触るだけなのに、血行がなぜか良くなり、手も足もぽかぽかになってくるように感じます。なぜでしょうね?インフルエンザが流行ってきて、息子の学校のお隣のクラスも学級閉鎖。いまのところは息子はピンピンとしておりますが、このまま元気いっぱいに過ごしてほしいものです。

アクセスバーズの公式サイトにファシリテーター、プラクティショナーのプロフィールの紹介ページがございます。まだまだ勉強中の身の上ですが、もっともっと知りたい、勉強したい!アクセスコンシャスネスの素晴らしさを周りに伝えていきたい!自分ももっと向上したい!と思い、この度、プロフィールを載せていただきました。掲載されている方々をひたすら目標に、もっと研鑽を積んでいきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

アクセスバーズ公式サイトプロフィール(日本在住の方々)

佑帆のプロフィールページ

コンシャスペアレント・コンシャスキッズ

HIDEMIサロンへようこそ。

運営者・佑帆です。

以前、小学生の息子にバーズを毎晩やってあげている話をブログにあげました。

子どもにやってあげるアクセスバーズ

あれから一年経ち、その後どうなったかというと・・・・

前は、「やってあげようかぁ~?お母さん、やってあげたいよ~。やらせて~!」(押しつけがましいですよね?)という感じだったのですね。それが、一年近く、やっているうちに・・・・

寝る前に、ベッドの上で膝枕されつつバーズをされて、そのまま寝てしまう!

という形で落ち着いてしまいました。

なんともうらやましい・・・いいなぁ。気持ちよさそうzzz

母である私にとっても、日ごろ、なかなかじっくりスキンシップさせてもらえない小学生男子ですので、この時とばかり!楽しんでいますが、施術中、面白い変化が。

① 自分で、「場所を指示!」 場所がちょっと違うなと思うと、もう少し上、とか右、とか。

②自分で、パートを切り替える「タイミング」も指示!「このパートはもうおしまい」ってなると自分で頭を振る。

③「早くバーズをやって!」となんか偉そう(?)

ハイハイ、させていただきますよー!!

毎晩やるうちに、タッチされる場所もタイミングもすっかり馴染んできたんでしょう。すごいねぇー。私より感覚的に詳しいわ。すっかり、バーズが日常に溶け込んできました。

で、子どもの行動にもいくつかの変化が。

・人の悪口を言わない ・人の失敗をけなさない ・自分でこれが良いと自己主張 ・自分と他の人を比べない ・学校であったことでイヤなことは自分で消化してくる ・忘れ物をしたら先生に自分からしっかり謝ってくる(母は連絡帳にお詫びを書かなくてすみます。ありがとう!息子よ)・親の行動でも疑問があれば「なぜ」と聞いてくる

家で癇癪をよく起こしていた息子でした。学校でストレスをためているのかな?と心配していたのですが、今では、あまりにも日々の生活で自分で消化してくるので、逆に学校生活のことが分からないことも。「なにかないの?気になることは?」って言っても、「別に?気になることないよ!?」

子どもが望む限り、寝る前のバーズは続けていけたら良いな。

「バーズを親子のスキンシップに!」を今後の私の活動テーマにしたいくらい。

本当に本当におすすめです。お父さん、お母さんが習って、お子さんにやるのも素晴らしいのですが、できれば親子でバーズを習って、親子でやりあいっこ。6歳から習えるそうです。

子どもからお父さん、お母さんへのギフト。

日ごろお仕事・家事・子育てで頑張っているお母さんやお父さんへ、「自分が貢献できることがある」とお子さん自身がしっかりと実感できる素晴らしい体験です。親子でバーズを体験したい方、習いたい方、ご相談ください。習う場合は先生を紹介できます。

バーズを習うと自分でやり方もしっかり覚えますし、誰かにやってもらわなくても寝る前などにセルフでささっとできるようになりますよー!

アクセスコンシャスネスでは、子どもはギフトであり、新しい可能性であり、世界への貢献であると言っています。そして、その子どもたちの未来にたいし、いつも可能性を選択し続ける親であり、子どもが(本当は)知っていることを「知る」ことを力づけることができる・サポートできる親でありたいですよね。

そして子ども自身も自分の可能性に向かって、気づくことの大切さを理解して、問いかけ、確信をもって選択できるようになっていけたら素敵ですよね~♪

コンシャスペアレント、コンシャスキッズとして生きることが、現実を変え、子どもの可能性を広げ、親として楽に生きることにつながります。

自分がなって欲しいように子どもにさせようとするのではなく、子どもがなれるものに気付くこと -ギャリ―・ダグラス(アクセスコンシャスネス創始者)

 

HIDEMIサロンでは、親御様がセッションを受けられる場合、同伴された15歳以下のお子様にもバーズを無料で施術いたします。